バーチャルオフィスも企業で活用されているユースフルなシステム

大阪にあるオフィスを利用

ビジネス

大阪で経営者向けに紹介されている賃貸オフィスの特徴として、最寄駅から徒歩5分から10分以内の好条件となっていることが多いです。また電話や机といった備品も初期費用に含まれているため、今後も多くに利用者が増えると考えられています。

詳細を確認する...

レンタルオフィスの注意点

オフィス

現在のレンタルオフィス情報をメインに、基本的な利用システム、費用の違いについて書きました。敷金礼金などは基本無料であること、またレンタルオフィスによってはゲストルーム、会議室なども借りられるなど補足的な事も載せています。

詳細を確認する...

居抜き物件を活用

ビル

大阪で新規に飲食店を始めるときには、地元の不動産会社の物件情報や居抜き物件専門サイトの会員向けの情報を利用するべきです。更に低コストで出店するためには、中古厨房機器業者も活用して、設備も低価格で購入するのが理想的です。

詳細を確認する...

経費を大幅節減

小規模事業者に最適

オフィス

起業家となるべく1人で、あるいはごく少人数で会社を興したものの、当面は自宅を仕事場にするのでオフィスは必要ない、といったケースはよくあります。 そういった場合に課題となるのが、対外的な信用です。業種によっては都心のビジネスエリアにオフィスを構えていないと信用が得られずに事業がうまく行かない場合があります。 そんなときに便利なのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスとは広い意味での貸事務所の一種ですが、貸すのはオフィススペースではなく事務所の所在地や電話番号です。つまりあたかもその所在地に事務所が実在するかのようなサービスを提供してくれるというわけです。実際に不動産を賃貸するわけではないので、利用コストは極めて低額です。そのため、開業間もない事業者等を中心に人気を集めています。

都心の一等地にオフィスを

バーチャルオフィスと類似のサービスとしては、電話代行や秘書代行といった事業形態が1960年代ごろからすでに存在していました。バーチャルオフィスはこれらの進化形とも言えるもので、電話の代理応答のほかに郵便物の転送や急用時のメール連絡などのサービスを提供しています。 しかし最大のメリットは、たとえバーチャルな形とはいえ東京都心の一等地などに「オフィス」を持てることにあります。実際に仕事をしている場所が東京都内でなくても、千代田区・中央区・港区・渋谷区など東京の名だたるエリアを事務所所在地にできることは、企業ステータスの向上に役立ちます。しかも東京の不動産相場を考えるとこうした地区に実際の事務所を構えると高額な保証金や月家賃が必要となりますが、バーチャルオフィスなら月数万円程度の利用料で済みます。

Copyright ©2015 バーチャルオフィスも企業で活用されているユースフルなシステム All Rights Reserved.